梅が丘クリニック内科とアレルギーのクリニック 内科について

総合内科専門医として、内科疾患のすべてを網羅して、丁寧に総合的な診断を行い治療にあたります。患者様の不安をできるだけとり、相談しやすい雰囲気をつくります。ちょっとした風邪の症状から、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病、院長の専門である呼吸器の病気…気になる咳やタン、息切れなどまで、幅広く診療いたします。「何となく調子が悪い……」「どこの科にかかったらいいのかわからない……」といった方、ぜひ当院へご相談ください。患者様にあった、専門病院への紹介も積極的におこなっています。まずはご相談ください。認知症の診断・治療や、健康診断(特定健診・企業健診)なども行っています。

・発熱・頭痛・腹痛・咳や鼻水が止まらないなど

・便秘・下痢・嘔吐・胸焼けなどめまい、ふらつき、動悸など

・排尿時痛、頻尿など高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風などの生活習慣病

・花粉症などのアレルギー疾患

・骨粗しょう症(骨粗鬆症):骨密度検査も行えます

・健康診断(がん検診・特定健診・企業健診)

感染症診療・予防接種

風邪や急性気管支炎・軽度の細菌性肺炎など急性気道感染症の方には薬物治療を、消耗し脱水傾向にある患者さんには点滴治療をさせていただきます。胸部レントゲン検査や血液検査を適宜行い、重篤な肺炎・胸膜炎など入院を考慮すべき中等症~重症の患者さんには早期に適切な病院を御紹介いたします。

咳や鼻づまり、喉の痛みといったいわゆる風邪の症状はないものの、下痢や吐き気があり病院へ行くと「胃腸風邪ですね」「お腹の風邪」です、と診断を受ける場合がありますよね。

このように聞くと喉や鼻などの気道にウイルスが付着した風邪を一般的な風邪、そのウイルスが胃腸に付着した場合を胃腸風邪と言うのだなと解釈してしまいがちですが、実はそうではありません。

感染性胃腸炎には主に、ウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎に分かれます。

細菌性胃腸炎は夏場に多く発生しやすい食中毒が原因となるものが多く、サルモネラや腸炎ビブリオなどがそうです。そして感染性胃腸炎の中でも特に多いのがウイルス性胃腸炎で、冬に流行するロタウイルスやノロウイルスがこれにあたります。

つまりは、胃腸風邪とは感染性胃腸炎のことを言い、感染性胃腸炎の中のノロウイルスもサルモネラも大雑把に言うと胃腸風邪ということになります。

本来、胃腸風邪という病名はなく胃腸風邪とは便宜上にそう呼んでいるだけの通名に過ぎません。

つまりは、胃腸風邪とは胃腸炎症状があり、かつ風邪のように感染する恐れのあるもの、ということで胃腸風邪と呼ばれているだけなのです。正式名称は感染性胃腸炎と言います。

ロタウィルスやノロウィルス感染症でも、特別な治療法は存在しませんが、普通のウィルスよりも嘔吐、脱水などの症状が強くでるため、特に乳幼児や高齢者で注意が必要です。

感染症の予防には、手洗い、マスクが有効です。手洗いは、まず、石鹸で汚れを洗い流し、手を乾燥させたあと、手指消毒薬を使用すると効果てきです。冬季には乾燥しますので、手荒れに注意が必要です。

予防接種は、乳幼児から高齢者までおこなっております。

旅行者外来

当院は旅行者外来もおこなっています。毎年多くの日本人が海外旅行に出かけます。また海外勤務や海外留学のため渡航する人も増えています。気候、風土の違いにより日本ではみられない感染症にかかったり食文化の違いから旅行先では容易に下痢症になることもあります。また昨今では高齢者の登山ブーム、バックパッカーなど現地の日常生活を体験する旅行者なども増えたため海外での健康被害、医療トラブルも頻繁に起こっています。

当院の旅行外来は以下の内容です。

すべて自費診療となります。

  1. 旅行先での感染症に関わる情報提供および健康管理指導

  2. 海外旅行者のワクチン接種

  3. 海外旅行、海外赴任前の健康診断、健康相談

  4. 携帯医薬品の指導

  5. 高山病予防対策

  6. ロングフライト血栓症予防対策

  7. 英文診断書

頻尿・便秘・下痢

​夜間頻尿は夜眠りについたあと排尿のために1回以上起きなければならないという悩みがあり、そのことで日常生活に支障をきたしている状態をいいます。夜間でなくても、トイレがあまりにもちかいのはつらいものです。おトイレのことはなかなか相談しづらいところもあると存じます。当院では、なるべく不安をとり、お気軽に相談できるような雰囲気をつくります。

​慢性てきな便秘や下痢の方もご相談ください。生活習慣をみなおすと改善することがございます。漢方薬が有効なこともございます。

循環器・消化器

循環器科とは、血液を循環させている管とポンプ、つまり心臓と血管を扱う科です。心臓のリズムが乱れている、あるいは心臓の問題で足が浮腫んだり(うっ血)、息が苦しかったり、全身の血管に何か問題が起きているというときに対応します。高血圧、狭心症、心筋梗塞、動脈硬化症、不整脈、心臓弁膜症、静脈瘤などです。当院では、胸部レントゲン、心電図はすぐに結果がわかります。重症の狭心症や心筋梗塞など心臓そのもの(胸全体)がひどく苦しいときは、緊急性を有するので、心臓カテーテルが可能な病院を紹介します。あらかじめ不安定狭心症や心筋梗塞が明らかな場合は、最初から、専門病院へいくように指示する場合もございます。

消化器科は胃や腸、肝臓や膵臓、胆のうなどの病気を扱う科です。

胃十二指腸炎、胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、肝臓病、胆石、胆嚢炎、膵炎、炎症性腸疾患、感染性腸炎、虫垂炎、過敏性腸症候群などがございます。当院では、薬物療法や、生活指導のほか、腹部のレントゲン、血液、尿検査などが可能です。お気軽に相談ください。

 

慢性疲労・虚弱体質

体調がなんとなく悪いが、病院に行って検査してもなんともないといわれた・・・。慢性疲労症候群まではいかなくても、慢性的に疲労はつらいものです。当院では病院で検査して異常なしとされた患者様にも、症状を詳細にお伺いし、対策を一緒に考えます。病院にいくほどではないが、なんとなく体調がわるいといった方も、お一人で悩まれずに、お気軽に当院へ相談してください。

当院では、まず、疲労の背後の重大な病気がないかを確認します(すでに病院で検査をされている方は、ここはスキップできます)。疲労は肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の大きく3つに分けることができます。
肉体的疲労の主な原因は、筋肉を動かすためのエネルギーの不足と、疲労物質(乳酸)の蓄積です。糖質が分解されてエネルギーとなるときにできるのが乳酸。筋肉は酸性に弱いため、乳酸が多く蓄積されると十分に働けなくなります。それが疲れやだるさ、筋肉の張りとなってあらわれます。精神的疲労は、人間関係や悩み事などのストレスを原因とする心の疲れ。神経的疲労は、デスクワークなどで視神経や脳が緊張した状態が続くことによって起こる、頭の疲れです。疲労回復には、姿勢、食事、睡眠、運動、休養が大事です。ビタミンB1,B2,カルシウム、鉄などが不足すると、疲労回復しにくいといわれます。お気軽にご相談ください。

食べても太れない、なんだかやる気がでない、疲れやすい、風邪をひきやすい、下痢を起こしやすいなどの不調がある人を虚弱体質と言います。原因は遺伝子異常から思い込みまで幅広くあります。食事や運動で虚弱体質の改善を試みましょう。腸内環境をととのえたり、ビタミンA,Cなどが有効です。

更年期障害

更年期とは、45歳から55歳ぐらいまでの時期を言います。そして女性の生理がとまるのは平均で50歳前後といわれています。この閉経によって現れる体調の変化全般が、更年期障害と呼ばれています。女性ホルモンが不足することで起こる症状です。全ての女性、また男性にも更年期はやってきますし、重い・軽いの差はあっても、誰もが更年期障害を経験します。つらいときは無理をせずに周囲や医師に相談して下さい。

ただし、更年期だと思っていたら別の病気が隠れていた、ということも決して少なくはありません。たとえば、耳鳴りはよく見られる更年期障害の症状の1つですが、それに吐き気が伴うようであれば、耳鼻科系の疾患である可能性もあります。不快な症状がつづくようであれば、まずは医師に相談しましょう。当クリニックでは、ご相談頂きました患者さまの症状に合わせておひとりおひとりのお体の状態や目的、考え方に沿った形での検査・治療を提案させて頂きます。お薬の使用が有効であると思われる方に対しては、女性ホルモン剤、漢方薬、その他のお薬の中から最良と思われるお薬の組み合わせを一緒に探していく形をとってまいります。健康保険が適用できる場合もございますので、ご相談ください。

男性にも更年期障害があることがわかってきています。

男性更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因です(女性とおなじですね)。男性ホルモンの分泌量のピークは20代から30代で、その後、年をとるにつれて、40代後半あたりから減少していきます。

もちろん男性ホルモンの分泌量には個人差があり、分泌量の減少の仕方も人それぞれです。男性と女性の更年期の違いは、女性には「閉経」という大きな変化が起きることにあります。

男性で更年期障害を発症しやすい性格の方とは、神経質・真面目・几帳面・責任感がある方に多いとされます。

また、男性ホルモン低下の原因は、1)加齢、2)ストレス、です。

当院では、男性更年期障害にたいして、生活指導(テストステロンをあげるには、食事、睡眠、運動やおしゃれをしたりすることも大事です)、食事のアドバイスなどをおこないます。柴胡加竜骨牡蛎蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯など漢方薬が有効な場合もあります。

​更年期障害の漢方薬は症状にもよりますが、保険診療となることが多いです。

認知症・高齢者総合診療

高齢者は一人で多くの病気、慢性の病気を持っており、一方では薬物による副作用が出やすいのも特徴です。

高齢者の一般内科診療や認知症診療を行うとともに、可能な限り自立機能を維持できるような治療や療養支援をしています。

認知症の種類として、

・アルツハイマー型認知症
・脳血管型認知症
・レビー小体型認知症
・前頭側頭型認知症

などがあります。

健常者と認知症の中間にあたる、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)という段階(グレーゾーン)があります。MCIとは、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが、日常生活には支障がない状態のことです。

MCIと診断されたからと言って認知症になることが確定したということではありません。認知機能の低下に対する適切な対策を行うことで、認知症を発症しないままでいられることもあります。治療や投薬のみならず、認知症によって低下する能力を鍛えたり、毎日の生活習慣を見直し、認知症が進行しにくくすることも重要です。

食習慣を見直し、定期的な運動習慣で脳の生理状態を良好に保ったり、いろいろな人とコミュニケーションをとり、頭を使って行動したりすることで認知機能を重点的に使って、機能の改善や維持を図りましょう。

肩痛・腰痛・骨粗鬆症

四十肩・五十肩とは

肩を動かすと痛い、何もしていなくても肩が痛い、以前動かせたように動かせなくなっている、といった症状のうち骨自体でなく、関節包、肩関節の周囲の筋肉に原因があるものを四十肩・五十肩といいます。

 

症状

肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります(運動制限)

 

運動痛

動かす時に痛みがありますが、あまり動かさないでいると肩の動きが悪くなってしまいます。髪を整えたり、服を着替えることが不自由になることがあります。

頚椎(首の骨)などに、病気が疑われる場合は、整形外科を紹介することもございます。

 

腰痛

以下の人は腰痛になりやすいといえます。

前傾姿勢

やららかい布団でねている

肥満

歩くのがきらい

きつい下着をつけている

いつも同じ場所にバックをかけている

脚をくむくせがある

長時間すわりっぱんしの仕事

重い荷物を運ぶ

当院では腰痛の対症療法として、トリガーポイント注射もおこなっています。

骨粗鬆症

骨粗しょう症は自覚症状の乏しい病気です。背中が丸くなる、身長が縮むといった症状は徐々に起こり、年のせいかなと思ってしまい病気と認識されないこともおおいです。名古屋市でも骨粗鬆症の検診がございます。骨密度測定を定期的に利用するのとよいでしょう。骨粗しょう症には早期発見、早期治療が重要と考えております。当院では、骨密度検査が可能で、骨粗しょう症にたいする、生活習慣指導、栄養指導、薬物療法をおこなう予定です。

​ロコモティブ症候群の予防に、2階のキッチンスタジオで、教室をやる予定です。

不眠症・睡眠外来

不眠には、寝付けない、入眠障害、途中で目が覚めてしまう、中途覚醒、早朝早くに目が覚めてしまう、早朝覚醒があります。薬剤を使う場合、効果持続時間にちがいがありますので、これらのどのタイプかしることが大事です。不眠の背後に、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、精神疾患(うつ病など)が隠れていることがあります。

不眠症とは

不眠の訴えがしばしば見られ(週2回以上)、かつ少なくとも1ヵ月間は持続し、かつ、不眠のため自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられること。などの全てを満たすものを不眠症と定義します。 
なお精神的なストレスや身体的苦痛のため一時的に夜間良く眠れない状態は、生理学的反応としての不眠ではありますが不眠症とは言いません。

まとめると、しょっちゅう、1か月以上の長い間、夜よく眠れずに、昼間の日常生活に支障があるものを、不眠症とするということです。

最近は、昼間の生活に支障があるということが、大きくいわれるようになってきました。大きな病気がない、不眠症だけの患者様の場合は、睡眠にこだわりすぎ、眠くならないのに、寝ようと早くから床について、不眠を悪化させていることが多いことから、このようにいわれるようになったと考えています。

睡眠はおえば逃げていくものともいえるでしょう。近年、よくいわれるのが睡眠衛生です。

朝、決まった時間におき、すぐに日の光をあびる。

夜は眠くなるまで寝室にははいらない。

就寝前4時間はカフェインをさける。

規則正しい、食事

適度の運動

昼寝は15時までに、15分以内で

そうはいっても、不眠はつらいものです。お薬で比較的短期間治療をするとぐっとよくなることもよくあります。当院では、睡眠衛生について、説明したうえで、希望があれば、出口戦略をもち、比較的短期間で、薬剤を使用いたします。

 

不眠によく使われる薬剤

ベンゾジアゼピン系薬剤

有名なものは、ブロチゾラム、リルマザホン、トリアゾラムなどがあります。比較的安全で、すぐに効果がでます。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は超短時間作用(すぐにきく)ものから、短時間作用型、中間作用型、長期間作用型とさまざまなものがでております。ゾピクロン、エスゾピクロン、ゾルピデムは非ベンゾジアゼピン系薬剤とされますが、作用機序から考えると同じと思ってもいいでしょう。安全で有効性の高い薬剤ですが、長期使用をおこなうと依存性が出る場合があります。

ゾピクロン、エスゾピクロンは比較的依存性が少ないとされていますが、依存性が全くないということはできないと考えます。安全に使える薬ではありますが、比較的短期間、ご自身にあったものをよく主治医と相談して使用するのが大事です。

また、すでに、通常量を長期間使用して、よく眠れていて、大きな副作用などの問題のない方は、そのまま使用していく場合もあります。ただし、長い目でみると、睡眠衛生をおこない、可能ならば、薬を減量できるといいことにはかわりありません。

 

メラトニン受容体作動薬

メラトニンとは、睡眠ホルモンともいわれ、人間が自分で、産生しているものです。朝、日光をあびてから、14時間後にピークをむかえ、眠くなるとされています。子供ほどたくさん産生され、年をとるごとに産生量はへっていくとされます(年齢をかさねると睡眠時間がへるのは正常なことです)。ラメルテオンは睡眠に深く関わるホルモン『メラトニン』の受容体に作用することで、睡眠と覚醒のリズムを整えて、脳とカラダを「寝付きやすい状態」にするお薬です。依存性はないとされていますが、漫然とした長期投与は避けるべきと考えています。

オレキシン受容体拮抗薬

「オレキシン」は、起きている状態を保ち、安定化させる(覚醒を維持する)脳内の物質です。

オレキシン受容体拮抗薬である”スボレキサント”は、その「オレキシン」の働きを弱めることによって眠りを促す、新しいタイプのお薬です。脳の覚醒に関わるシステムを抑制することによって、脳の状態が覚醒から睡眠に切り替わることを助け、自然な眠りへと導くとされます。依存性は少ないとされていますが、習慣性医薬品に指定されています(やはり、肉体的依存はすくなくても、よく効くので精神的に依存してしまうということでしょう)。

当院では、まず、背景に重大な疾患がないかを確認し、不眠症のみの患者様にたいしては、睡眠衛生指導と、出口戦略をもった薬物療法をおこなっています。

漢方薬

当院では、漢方治療を行っています。漢方には未病という概念があります。未病とは、病気と言うほ どではないけれど健康とは言えない状態を指します。未病の段階では、 いろいろな兆候はあるものの、検査をしても異常が見つからなかったり、 取り立てて日常生活には支障がありません。未病の段階で、臓器にこだわらず、全身の状態をととのえるのが大事です。多くの場合、なんらかの症状を伴い、その場合は、保険で治療できることがあります。詳しくは医師にご相談ください。

自費診療、10月10日より値段改正しました。診察料込みの値段としました。​​

プラセンタ

自費診療の場合; 1500円 

ビタミンC注射とプラセンタ注射またはにんにく注射を一緒に打つと、より効果的です。
最初の1ヶ月は週に2回。
その後は1週間に1回もしくは2回をおすすめします。
詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。

ニンニク注射

自費診療の場合; 1500円

 

メディカルダイエット

サノレックス

医療用の食欲抑制剤です。食欲に関わる神経に働きかけて、食欲を抑えられることで摂取カロリーが抑えられ、自然と体重の減少につながります。また、体の消費エネルギーを促進したり、代謝を良くすることで体重を減らします。

サノレックスは自費診療のみ承っています; 350円/錠

依存性のある薬剤でございますので、原則2週間処方とさせていただきます。安全性が担保された方でも、最低月1回は診察をさせていただきます。

投与期間は通常は1~2か月、最大でも3か月までとしています。

コレバインミニ

コレステロール吸収阻害剤です。高コレステロール血症の保険適応があります。

胆汁性コレステロールの再吸収を抑える作用があります。
こんにゃくに含まれる食物繊維のグルコマンナンは吸収されずに作用します。
コレバインも腸管内のみで作用し全く吸収されない薬剤で、コレバイン1日量(2包)のLDLの低下効果は、こんにゃく6枚分(600g)に相当します。

自費診療の場合 150円/1包

 

ゼチーア

ゼチーア錠も国内で高コレステロールの保険適応がありますので、血液検査で異常を指摘されたことがある方は保険診療で投与可能です。この薬は1日1回1錠の服用で、小腸上皮のコレステロール吸収をブロックすることにより体重を減少させる効果があります。、コレバイン・ミニとの違いは、食事の前に服用する必要がないところ、便秘の頻度が低いところです。毎日朝食後に服用してください。また、ゼチーア錠の場合はダイエット期間中の連続服用が効果的です。

​自由診療の場合 400円/1錠

防風通聖散

成分には、防風、荊芥、麻黄、薄荷、大黄、芒硝、石膏、芒硝、甘草、桔梗、山梔子などが含まれており、主に体の熱をとり、水分循環を整えむくみを改善する効果や、便通を促し便秘を解消する効果があると言われています。保険適応がある場合ががございます。

​自由診療の場合;1錠10円、平均1日27錠ー270円

ED治療

EDは動脈硬化の始まりです。ジルディナフィルは飲んだ後、体がほてった感じがします。心臓に持病のある人は使えません。当院では、医師が直接お薬を渡します。1錠からおだしできます。予約不要です。

ジルディナフィル(50) 1錠 1200円

AGA治療

お電話もしくはインターネットでお申し込みください。1か月分からの処方となります。

​フィナステリド(1) 28錠  7000円

Please reload