アレルギー科

​アレルギー性鼻炎、花粉症

アレルギー性鼻炎、花粉症 現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。

花粉症とは

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

主なアレルゲン
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

症状
鼻の三大症状だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
(さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)

通年性アレルギー性鼻炎 ダニやハウスダストなどの通年生の抗原に反応するアレルギー性鼻炎

​花粉症もアレルギー性鼻炎の一種といえますが、一般に、アレルギー性鼻炎といえば通年性のものをさすことが多いです。

花粉症の治療

一般的に、スギ花粉は、九州や関東では1月下旬から、関西では2月上旬から飛び始めます*。花粉が飛び始める2 週間くらい前から治療を開始(初期療法と言います)することが最も効果的とされています。そのため、1月中旬までには、医師に相談して、あなたの生活スタイルに合った花粉症対策を始めることが重要です。

花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。また、初期療法は早期に症状を改善させることもでき、結果として、処方される全体のお薬の量を減らすこともできます。

花粉症の治療薬には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などがあります。その中には、副作用として眠くなったり、のどが渇いたりするものがあります。また、1日1回服用するものと1日2回以上服用するものがあります。しかし、眠気やだるさもほとんどなく、自動車の運転や危険を伴う機械の操作に対する影響が少ない第2世代抗ヒスタミン薬もあります。さらに、口の中ですぐ溶けて、どこでも水なしで飲める口腔内崩壊錠や、小児も飲みやすい、ほのかに甘いドライシロップも出ています。

花粉を避けるために

  • マスクやメガネ、スカーフなどを着用し、花粉の目や鼻への侵入を防ぎましょう

  • 花粉の付着しやすいウールなどの衣類の着用は避けましょう

  • 晴れた日、風の強い日などは、花粉が飛びやすいため、外出は控えましょう

舌下免疫療法

アレルギー性鼻炎には通常、症状をおさえる、対症療法がおこなわれますが、免疫療法とは、病気の原因となるもの(アレルゲンと言います)を少ない量からゆっくり増やして体内にいれて根本から治そうとする方法です。例えば、スギ花粉症の場合には、体に安全な低量の医療用のスギ花粉抽出物を体内に入れ、安全性と反応を見ながらゆっくりと量を増やして、体質を徐々に変えていく治療です。アレルギー性鼻炎では免疫療法という名前よりも「減感作療法」とか「脱感作療法」として、広くおこなわれています。しかしながら、いままでは、注射のために、医療機関へその都度、受診する必要がありました。

舌下免疫療法は、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を含むエキスを舌の下に投与し、体内に吸収させる方法です。この投与を継続的に行うことで症状を軽減させていきます。

どれぐらいやるのですか?:舌下法でも注射法と同じく長期間の継続治療が必要です。まずは、2年ほど舌下免疫療法を行い、効果を確認しましょう。そこである程度効果のある方には3~5年間の治療 を勧めています(根拠は、WHOのPosition Paper)。舌下免疫療法はご自宅でできますので、維持量に達すれば毎日の通院は不要です。ただし、毎日の通院は不要ですが、定期的な通院が必要です。新薬のため厚生労働省の決まりで発 売後約1年間は2週間分しか処方ができません。従って、当初は2週間に1回の通院が必要です。その後も月に1回の通院が必要です。尚、この薬は医師の処方箋無しに薬局で買うことはできません。 

当院では、スギ抗原、ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法もおこなうことができます。

​舌下免疫療法は70%に奏功し、効果は鼻炎だけでなく、全身におよぶと思われます。

スギ花粉症

​​スギ花粉症には舌下免疫療法がございます。現在はシダトレン(液体)とシダキュア(錠剤)が使用できますが、今後はシダキュアを主体にしていく方針です。スギ飛散期は治療開始ができません。当院で治療開始を、6月から12月までとさせていただいています。一度治療にはいり、安定していれば、スギ飛散期も治療を継続します。初回は副作用確認のため、30分程度のお時間が必要です。診察もあわせて、診察終了時間の1時間前までに来院ください。シダキュア(錠剤)は2種類の薬剤(2000JAU,5000JAU)があります。1回目に2000JAUを1週間処方し、1週間後に来院いただき、問題がなければ、5000JAUを10~30日分処方します。2019年5月までは新薬の扱いで、最高で2週間までしか処方ができません。

ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎

​ダニに対する減感作療法として、ミティキュア(錠剤)が使用できます。スギ花粉症と異なり、一年中いつでも治療開始ができます。初回は副作用確認のため、30分程度のお時間が必要です。診察もあわせて、診察終了時間の1時間前までに来院ください。ミティキュア(錠剤)は2種類の薬剤(3300JAU,10000JAU)があります。1回目に3300JAUを1週間処方し、1週間後に来院いただき、問題がなければ、10000JAUを10~30日分処方します。

Please reload

 
Please reload

Please reload

花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で、アレルギー疾患ですので、耳鼻科や眼科だけでなく内科でも治療を行っております。

 

当院では、鼻水やくしゃみといった辛い症状を抑える内服薬はもちろんのこと、鼻吸入で直接炎症をおさえたり、点眼薬・点鼻薬の処方も行っております。採血でのアレルギー検査も行っておりますので、ぜひ、ご相談下さい。

花粉症は、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などと合併してしまう人が少なくありません。人によっては、同時に症状が出るのではなく、ある時期は花粉症、ある時期はアトピーなど時期をずらして、違う症状が出ることもあります。当院ではアレルギー学会認定専門医が総合的に合併症も同時に診療をおこなっています。漢方での治療も行っておりますので花粉症の症状がある方は、お気軽に、ご相談ください。

対症療法のみでなく、根本治療となる減感作療法もおこなっています。スギの減感作療法は花粉の飛散時期は開始できません。来シーズンへむけての、減感作療法で、スギのみのかたは6月から新規患者様を受け付けます。ダニの減感作療法はいつでも開始できます。

 
 
 

​名古屋市天白区にある咳,喘息など呼吸器アレルギー疾患を専門とするクリニックです。日進市、名東区からも便利なアクセスです。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle