アレルギー科

​気管支喘息・咳喘息・小児ぜんそく・アトピー咳嗽

​気管支喘息 長引く咳、それは喘息かもしれません・・・

 

There are no items in this list

Please reload

 
 

気管支喘息とは

気管支喘息とは、肺につながる空気の通り道である気道炎症を起こしている状態です。炎症といわれてもなんとなくはわかるけど、ピンとこない方が多いと思います。

 

ころんで膝小僧のをすりむいたとしましょう。膝の傷は炎症です。傷ができると炎症をおこして腫れるように、喘息で炎症をおこした気道も腫れます。キズのジクジクに当たるのが気道では痰なのです。ケガの原因がぶつかったり転んだり色々あるように喘息(気道の炎症)の悪化刺激の原因にも色々あります。その1つがアレルギーです。またカゼも悪化の原因の1つです。体質もあります。ひとつだけの原因でおこることは少なく、複数の原因が重なることが多いです。

喘息の症状はヒューヒュー、ゼーゼーいう喘鳴だけでなく、気道の慢性的な炎症をもとに空気の流れが制限される症状がすべての症状です。ゼイゼイヒューヒューがなくても、咳だけのこともありますし、胸痛や胸の違和感として感じることもあります。喘息(気道に慢性てきなある状態)を放置しておくと、気道がますます敏感になり、発作をくり返すという悪循環におちいります。その結果、気道壁が厚く硬くなります。これを「気道のリモデリング」といいます。喘息は早期に発見治療すれば、健常人と同じ生活がおくれる疾患です。咳や胸部症状でお悩みの方、お気軽に相談ください。

気管支喘息ー診察・検査の流れ

1;スタッフが簡単な質問用紙をおわたしします。

2;スタッフが症状をおききします。

3;医師が診察をします。聴診では、喘鳴が大事です。​

さらに、病状にあわせて、以下の検査をうけることができます。

 

胸部写真

すぐに結果がわかります。肺炎肺がんなどがないか確認をします。喘息だけの場合は胸部写真は正常です。

 

アレルギー検査

血液でおこないます。アレルギー物質に反応する血液の中の抗体を調べます。結果は1~2週間かかります。

肺機能検査・ピークフローメーター

肺機能検査息を吸ったり、はいたりしていただき、どれくらい息が吸えるか、はけるかを調べます。結果は、すぐにわかります。何mlという体積、また、平均値とくらべての割合(%)両方で表します。ピークフローメーターは自宅に持って帰っていただき、毎日の、呼吸の状態をみていただきます。病院だけでなく、自宅で、呼吸が、毎日どのような状態か患者様自身がしることができます。

呼気一酸化窒素検査

はいた息のなかに含まれる、一酸化窒素の濃度を調べます(気管支喘息の気道の炎症の程度を調べるため)。

​他、末梢血(採血で調べます)の好酸球(血液細胞の一種)や、IgEという抗体を調べたりすることもあります。


 

治療

空気の通り道である気道の炎症を抑える薬剤を上手に使うことがだいじです。喘息は、気道がはれているので、気道に皮膚に塗り薬をぬるように、薬をつけたいところです。気道は皮膚のように手で塗るわけにはいきません。そこで、でてきたのが、気道への塗り薬、吸入薬です。炎症をとる(腫れをひかせる)ステロイドというお薬を気道へ吸入することにより、気道の腫れをとり、咳などの症状をなくすだけでなく、その奥にある炎症をなおします。吸入ステロイド薬は、長期間安全に使用でき、お子様にも通常の量では、発育に影響がないことがわかてちます。吸入ステロイドは、症状がよくなっても、炎症は残っているため、よくなってもいきなり薬をやめることはせず、数か月以上かけて、ゆっくりと量をへらしていきます。発作、息苦しさがある場合には気管支を拡げる速効性のある吸入薬を使用します。吸入ステロイドでは、高容量を長期間使用しない限りは、点滴や内服ステロイドのような全身的な副作用はまず心配ありません。原因の排除(アレルギーを引き起こす原因となるハウスダスト、カビ、ペットの毛、花粉などのアレルゲンの排除、感冒の予防など)も喘息の治療に薬剤となじくらい大事です。

治療の目標

1.    健常人と変わらない日常生活が送れること。正常な発育が保たれること。

2.    正常に近い肺機能を維持すること。     

3.    夜間や早朝の咳や呼吸困難がなく十分な夜間睡眠が可能なこと。

4.    喘息発作が起こらないこと。

5.    喘息死の回避。

6.    治療薬による副作用がないこと。

7.    非可逆的な気道リモデリングへの進展を防ぐこと。

 

全く症状のない状態が目標です。炎症を完全におさえれば、健康な人と変わりありません。小児の場合は、成人喘息への予防も目標です。

咳喘息

咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。

気管支喘息とにているなと思われる方もいるかもしれません。実は、咳喘息と気管支喘息の違いは、喘鳴があるかないかだけで、喘鳴がなく、咳だけのものが咳喘息、喘鳴があるものが気管支喘息で、原因や治療は基本的には同じと考えていただいて大きな間違いはございません。

診断基準はありますが、一番、確率が高いのは、気管支拡張剤(例えば、メプチンエア)への反応性をみることです。これで、よくなれば、咳喘息の可能性が高まります。喘息といえば、ヒューヒューと苦しいイメージがありましたが、喘息素因をもっているかたは実は、大変多く、また、環境要因もふえて、喘息の方は大変ふえております。ただし、喘息でも早期に発見して、きちんと治療をおこなえば、健常人と全く同じ生活がおくれます。咳喘息の方は、ほとんとの方が治療により、数か月で症状が全くなくなってしまうことが多い印象です。昔のイメージの喘息とは随分とことなってきていると思います。

治療については、こちら

小児ぜんそく

小児喘息の3分の1は治癒し、3分の1は一度よくなってから成人になって再発し、3分の1はそのまま成人喘息に移行します。早期に診断治療することにより、成人喘息への進展を少しでも防ぎます。

子どもがかかる小児ぜんそくは以前に比べて低年齢化し、患者数も増加しています。増加の原因は大気汚染や食品添加物など、生活環境の変化と考えられています。2歳以下の発症が全体の半分程度と低年齢化は進んでいます。一般に両親の遺伝的体質を強く受ける傾向にあり、両親ともぜんそくやアレルギーを持っている場合発症の確立は高く、片親の場合は少し低くなります。また、家族に喫煙者がいる場合、ぜんそくの発作を起こしやすいといわます。子どもの場合は、親の管理下にあり、発作が起きても十分に安静に保つことができるために小児ぜんそくの約6~7割は、12~13歳ごろに肺が成長するとともに症状も極めて少なくなり、そのまま無症状に。しかし、残りの3~4割は成人ぜんそくへと持ち越されていきます。思春期になり、親の手を離れて薬を自分で管理するようになると、治療がおろそかになり、重症化し、心身の成長や就学に支障をきたすことがあり、注意が必要です。

 

小児喘息の治療を考えるにあたり、2歳未満の乳児喘息と別に考える必要があります。なぜ2歳未満を別に考えるかですが、

  • 小児喘息の発症年齢のピークが1~2歳にあります

  • 小児喘息の約50%が2歳までに発症しています

  • 小児喘息の予後を改善するためには発症早期の治療が重要です

  • 小児喘息の診断が困難なことがあります

  • 呼吸機能検査や呼気NO検査が困難なことがほとんどです。

治療は、吸入ステロイドの安全性が小児でも確率されました。従来の発作が出たときに気管支拡張薬などで鎮める治療だけではなく、 今は吸入ステロイドを使い気道の炎症が悪化しないように抑える治療と組み合わせて 発作を繰り返さないようにし 炎症の悪化を防ぎぜんそくの重症化を予防します。 薬を正しく使い、誘因を避けるなどの日常生活に気をつければ、ぜんそくはコントロールでき、 薬を減らすことや薬がいらない緩解状態になることも可能です。小児喘息は、早期に治療することで、治癒に近い状態になる方が多いのが治癒が困難とされる成人喘息との一番大きな違いです。

アトピー咳嗽

咳喘息と非常にまぎらわしい疾患です。咳喘息との違いは喘息の代表的な治療薬である気管支拡張剤の効果が不良なことです。またアレルギーの関与が強く、いわゆる抗ヒスタミン剤がよく効きます。治療は抗ヒスタミン剤と気道のアレルギーを鎮める吸入ステロイド剤です。こちらは一般的に喘息になっていかないと考えられていますが、咳喘息との鑑別は症状だけでは、難しいこともあります。検査でしいてあげるなら、咳喘息では呼気中NOがあがりますが、アトピー咳嗽ではあまりあがりませんが、それだけで断定はできません。しばらくかよっていただければ、ほとんどの場合はなんとなくどちらかわかりますが、初めの治療は、治療は咳喘息とほとんどかわりませんので最初から無理に鑑別する必要がないといわれています。半数以上の方で再発しますが、最初と同じ治療で治まります。
 

喘息Q and A

喘息ってどんな病気ですか?

A;空気の通り道である気道が炎症(腫れている)をおこしている病気です。

喘息は空気の通り道である気道に炎症がおこる病気です。炎症と言う言葉聞き慣れないかもしれません。皮膚でいうと、ケガをして膿むと赤く腫れますし、虫にさされると腫れてかゆいです。これらは、皮膚に炎症をおこしているといえます。気道に炎症がおこると、気道が腫れて、咳がでることもありますし、腫れがひどいと、空気の通り道がせまくなり、呼吸困難をこします。皮膚の炎症の原因がぶつかったり転んだり、虫刺されたり、色々あるように喘息(気道の炎症)の悪化刺激の原因にも色々あります。その1つがアレルギーです。またカゼも悪化の原因の1つです。喘息の原因はアレルギーだけではないということです。

喘息はなおりますか?

A 発作がなく、普通の生活が治療により可能です。

残念ながら今のところ完全には治りません。具体的に言うと喘息患者さんは気道が普通の人に比べ発作がない時でも生まれつき敏感なようです。その意味では完全に治るという事は難しいと思われます。しかしがっかりすることはありません。喘息の発作がおこる原因を100とすると、うまれつきの敏感さは5程度です。風邪、気温、乾燥、アルコール、喫煙、粉塵、アレルギーなどさまざまな要因で、気道が炎症をおこし、敏感になり、喘息をおこします。逆に言えば、気道の炎症をしっかりとおさえれば、症状がでるれべるまでの気道の腫れはおさえることができるでしょう。これを専門用語で寛解といいます。一般的な感覚では、発作がおこらなければ、患者様は全く困らずに普通の生活ができるのですから、治るというのに近いものがあると思います。
ただし、喘息でもごくまれに、単一の原因でおこっていることがあります。例えば、ソバ喘息のようにソバを食べないことや、ソバガラの枕を避ければ薬物治療しなくても喘息が再発せずすむ場合もありますが、アレルギーのもと(アレルゲンといいます)が1つだけしかない患者さんは、むしろ珍しく普通いくつものアレルゲンをもっています。加えてカゼのようにアレルギー以外にも喘息を悪化させるきっかけがいっぱいあります。したがって毎日の日常生活管理と定期的な薬物療法が必要となります。逆に言えば、日常生活管理と薬物療法が、きちんとコントロールされた患者様は、全く、健康な人とかわらない生活がおくれていることがほとんどです。

喘息の原因はなんですか?

A; 慢性的な気管支の炎症です。炎症の原因はさまざまですが、大きくアレルギー性と非アレルギー性に分かれます。

多くの場合、ひとつだけでなく、いくつかの要因が重なり、気管支に炎症をおこすことが多いです。

 

アレルギー性             

  • ダニ         

  • ハウスダスト

  • ペット

  • 花粉

  • 食物

非アレルギー性

  • 運動

  • たばこ

  • 過労・ストレス

  • 風邪などの感染症

  • 大気汚染

  • 天候・気温の変化

  • 香水などの匂い

治療

​慢性の気道炎症にたいして、吸入ステロイドの有効性が明らかです。症状が強い場合は気管支拡張剤との合剤を使用する場合もございます。吸入方法は吸入レッスンサイトに動画があります。

Please reload