アレルギー科

梅が丘内科とアレルギーのクリニック アレルギー科について

黙って苦しむより、ご相談ください

アレルギー性疾患に苦しむ患者様が増えています。現在、大変いいお薬があり、気管支喘息やアトピー性皮膚炎は、治療次第で早く改善することも多くなっています。誤解の多いステロイド剤も、上手に使えば、お子様にも安全で効果的な治療法になります。自己診断で苦しむより、まずはご相談ください。

アレルギー症状の原因アレルゲンの検査は血液で、ある程度はわかります。
アレルギーがご心配な方はご自身がどんなアレルギーをお持ちなのか、一度血液検査を受けられることをおすすめいたします。また心当たりがあるアレルゲンがあればご相談ください(検査はひとつから可能です)。

診療科目

​全人口の25%は花粉症があるといいます。スギ、ダニにたいしては、舌下免疫療法で根治をめざすことができます。

​喘息のなかで、喘鳴がなく咳だけのものを咳喘息といいます。放置すると気管支喘息へ進展します。早期治療が大事です。

​小児ぜんそくはアレルギーが原因の大半です。成人喘息へもちこさないように、早期に治療し寛解をめざします。

 

​原因がはっきりせず、かゆみを伴う湿疹が反復します。スキンケアと薬物療法を組み合わせた個別治療をおこないます。

​症状が出たら、掻き壊してしまう前に早期治療することが大切です。また、原因や症状によって治療法や予防法も異なります。

​咳喘息ににており、最初はどちらかわからない場合もあります。最初の治療は咳喘息と大きな違いはありません。

子どもの成長によって発症しやすいアレルギー疾患が変化する「アレルギーマーチ」が起こります。

​地域の中核病院と連携をとる『病診連携』の体制

梅が丘内科とアレルギーのクリニックでは、診療にあたってより高度な検査や医療が必要だと判断される場合には、地域の中核病院と連携をとる『病診連携』の体制を整えています。

​梅が丘内科とアレルギーのクリニック連携病院

Please reload

​休診日カレンダー

​休診日

​午後休診(8:30~12:00)

土曜日(8:30~12:00)

​   (14:00~17:00)

 
 

​名古屋市天白区にある咳,喘息など呼吸器アレルギー疾患を専門とするクリニックです。日進市、名東区からも便利なアクセスです。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle